50代からの生き方ガイド

50代からの生き方ガイド・イメージ

中高年からの禁煙法

たばこは、本人の健康を害するばかりか、周囲の人の健康にも大きな影響を及ぼします。
しかし、禁煙しようと決心しても、なかなか成功しない人が多いのも事実です。
特に中高年からの禁煙は難しいかも知れませんが、自分に合う禁煙法を見つけ、是非チャレンジしてください。

タバコの害

タバコには害があると言われていますが、具体的にどのような害があるのでしょうか。

スポンサーリンク

タバコは、火をつけた瞬間に4000種類以上の化学物質が発生すると言われます。そのうちの約200種類が有害物質、さらに50種類が発がん物質です。

また、タバコを吸っている本人は、フィルターを通して煙を吸い込んでいますが、周囲に流れている煙は、タバコから直接出ているので有害物質の濃度が高くなり、周囲にいる人の健康にも害を与えているのです。

日本では2002年に「健康増進法」が制定され、公共の場所やレストランでの禁煙が進んできました。
また、自動販売機でのタバコの購入にはtaspoという識別カードが必要になり、これがなければ購入ができなくなりました。

愛煙家にとっては、ますます肩身が狭い世の中になってきていますが、タバコの害が健康に及ぼす影響を考え、是非禁煙にチャレンジする事をおすすめします。

禁煙による効果・メリット

「禁煙をしよう」と漠然と思っていてもいざやろうとするとなかなか難しいものです。
しかし、禁煙をする事によるメリットを最初に理解しておけば、「禁煙」に対する希望と熱意も生まれます。

禁煙による効果やメリットとしては次のような事があげられます。

中高年からの禁煙法

「禁煙」は自分に合わない方法で何度行っても、挫折する可能性が高いものです。
いかに自分に合う方法を見つけるかが先決と言えるでしょう。

手軽にできる禁煙方法のいくつかを紹介します。

●吸いたい衝動をおさえる。
東京衛生病院が行っている禁煙講座で指導している方法です。
たばこを吸いたくなる衝動は2分もすれば消えるので、この2分をどうごまかすかにより、禁煙できるという方法です。たばこを吸いたくなるたびに、水やお茶を飲んだり、あめやガムを噛んで気持ちをまぎらわすようにします。すると、3日を過ぎる頃にはニコチンの離脱症状がかなり軽くなってきます。

●冷たい水やジュースを多く飲むようにする。
冷たい水やジュースは、のどに刺激を与え、喫煙の欲望を抑える効果があります。また、排尿を多くする事により、体内のニコチン等の有害物質を排除する速度を早める事ができます。

●電子タバコの利用
電子タバコは、2007年から流通し始めた禁煙グッズですが、発売以来人気の商品となっており、現在では色々な種類のものが販売されています。電子タバコを口にくわえると、先端のLED(発光ダイオード)が炎のように赤く光り、息を吐くと煙まで漂うしくみになっています。この煙はニコチンやタールをまったく含まない水蒸気で、フィルター部分のカートリッジには、チョコ味やメンソール味など、好みの味をセットして楽しむ事ができます。
電子タバコはネット通販でも購入する事ができます。

  ⇒ 電子タバコ一覧(楽天市場)

●ニコチンガム・ニコチンパッチの利用
ニコチンに対する体の欲求を満たしてやる事で、喫煙の本数を減らしながら禁煙していくためのグッズがニコチンガムやニコチンパッチです。ニコチンガムは「ニコレット」という名で商品化されていますが、医薬品扱いなので、薬局で良く説明を聞きながら使用するようにしましょう。また、ニコチンパッチは貼り薬で、以前は禁煙外来の医師の診察と処方箋が必要でしたが、現在は薬局で購入できるようになっています。

  ⇒ ニコチンガム一覧(楽天市場)

●DVDによる禁煙セラピーを受けてみる
精神的な弱さからなかなか禁煙できないという方は、「アレン・カーの禁煙セラピーDVD」などを利用してみるのも一つの方法です。アレン・カーさんはもとは公認会計士で1日100本以上のタバコを吸うヘビースモーカーだったそうですが、このDVDで紹介している方法により禁煙に成功しています。

  ⇒ 禁煙DVD(アマゾン)

●家族や友人、職場の同僚など、一緒に禁煙を始める仲間を見つける。
「禁煙」は、1人で行うより、一緒にスタートする仲間がいる事により励ましあって禁煙をすすめる事ができます。またライバル意識を持つ事も禁煙の成功につながります。

●タバコに代わるストレス対処法を身に付ける。
ストレスを解消するためにニコチン依存症になっている場合が多いので、「歌を歌う」「運動をする」など、タバコに頼らないストレス解消法を身につけるようにすれば、徐々にたばこを吸う回数が減って行きます。

●自分へのほうびを用意しておく。
禁煙をする事により、タバコを買う必要がなくなるので、その分の経費が浮く事になります。浮いた分で何か自分へのほうびを用意しておくことにより、禁煙への目的意識が強くなり、成功する確率がアップします。

スポンサーリンク

50代からの生活設計

50代からのファッション

50代からの健康管理

50代からの仕事・再就職

50代からの趣味選び

50代からの資産運用

おすすめ情報

ページのトップへ戻る