50代からの生き方ガイド

50代からの生き方ガイド・イメージ

50代からの化粧品・選び方

多くの50代女性を悩ませるのが、化粧品の選び方です。 しわやシミ、たるみなどを防いで、若々しい肌を保つためにも、50代からの化粧品選びはとても重要です。

50代女性の肌の特徴

50代になると、女性の肌は今までとはちょっと変化してきます。
多くの女性は50歳前後で閉経を迎えますが、それと同時に女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少するからです。

スポンサーリンク

「美肌ホルモン」ともよばれるエストロゲンは、皮膚の新陳代謝を活発にしたり、肌の弾力を保つコラーゲンの生成を促進する作用があります。そのエストロゲンの減少により、肌の老化が進んでしまうのです。

また、皮膚の表面は、天然のクリームである皮脂で覆われていますが、年齢を経るにつれて皮脂の分泌も減少し、肌が乾燥しがちになります。

長年浴び続けてきた紫外線や、体内に過剰に蓄積した活性酸素の影響が肌に出てくることもあります。

このようなさまざまな要因がからみあい、シミやしわ、たるみ、くすみなどとなって現れてくるのが50代女性の肌の特徴と言えます。

50代からの化粧品・選び方のポイント

過酷な状況に置かれている50代女性の肌ですが、肌の状態を良く観察し、適切なケアをすることにより、若々しさを取り戻したり、老化のスピードを遅らせることができます。

50代からの化粧品選びは、次のようなことを参考にしてみてください。

●肌の状態を観察する
まずは、肌の状態を良く観察してみましょう。

50代女性の肌は乾燥しがちになりますが、脂性肌の方はニキビができていたり、毛穴が目立ってベタベタしているかもしれません。

スポンサーリンク

もともと乾燥肌の方は、さらに水分が不足してパサついていたり、ツッパリを感じたり、目の周囲に小じわができていたりするかもしれません。

また、顔全体がくすんでいたり、ハリがなくなっていたり、シミが濃くなって来るということもあります。
肌の状態はかなり個人差があるので、それぞれの状態に合わせた化粧品を選ぶ必要があります。

●保湿を重点的に
50代女性の肌トラブルの大部分は「肌の乾燥」が原因となっています。

水分を失った果物が、しわしわになって傷んでくるのと同じように、肌もまた乾燥したまま放っておくとシワになったりシミやたるみ、くすみなどの老化現象として現れて来ます。

50代からの化粧品選びは、肌の老化をこれ以上促進させないためにも、「保湿」を重点的に考えて作られた化粧品を選ぶのがひとつのポイントです。

洗顔料は洗浄力が強すぎず、保湿成分配合のものを選び、洗顔後はしっかりと水分を補給できる化粧水や美容液を選ぶようにしましょう。

●栄養分を補給する
皮膚細胞の生まれ変わりのサイクルを、「肌のターンオーバー」を言っていますが、そのターンオーバーが20代では28日前後であったものが、50代になると周期が長くなり50日前後になります。

周期が長くなると、肌の傷んだ部分の修復も遅れがちになり、新陳代謝も滞りぎみになるため、肌の老化現象がますます進んでしまいます。

生き生きした肌を持続するためには、美容液やクリームなどでコラーゲンやヒアルロン酸、コエンザイムQ10などの成分を補給することも大切です。

スポンサーリンク

●刺激の少ないものを選ぶ
50代女性の肌は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少していることもあり、バリア機能が低下し、とても敏感になっています。

また、肌のターンオーバーの周期が長くなっているため、一度傷つくと修復に時間がかかります。

化粧品を選ぶ場合は、できるだけ無添加のものや天然の成分で作られているものなど、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。肌に合うかどうかわからない場合は、トライアルセットでためしてみるのも良いでしょう。

50代女性におすすめの保湿クリーム

肌の乾燥やシワが気になる50代女性におすすめの保湿クリームが、「コディナ バタームース」です。
デザートみたいなホイップ状の保湿クリーム「コディナ バタームース」は、肌にのせるとなめらかに伸びてスーッと浸透して行きます。

美肌効果で知られるココナッツオイルとシアバター、米粉が主な原料ですが、顔やボディだけでなく、ハンドクリームとしても使えます。
50代女性ばかりではなく、肌の悩みを持つ老若男女、全ての方に対応しているので、家族みんなで使うクリームとしてもおすすめです。

  

50代からの生活設計

50代からのファッション

50代からの健康管理

50代からの仕事・再就職

50代からの趣味選び

50代からの資産運用

ページのトップへ戻る