50代からの生き方ガイド

50代からの生き方ガイド・イメージ

50代からの世代・呼び方

50代からの世代を中高年と呼んだり、団塊の世代、あるいはシニア世代、高齢者、シルバー世代と呼んだり、実に色々な呼び方がありますが、いったいどのように違うのでしょうか?

中高年世代とシニア世代

50代は、中高年と呼ばれることもありますが、シニアと呼ばれることもあります。

中高年とは?

「中高年」とは、何歳からを指すのか、はっきりとした定義はありません。
ただし、平均的な人生を80年とするとその中間である40歳を中年と呼び、「青年」と「高年・老年」との中間という位置づけがあります。

また、50歳から65歳未満を「高年」と呼ぶところから、「中高年」は40歳以上65歳未満を指すという説が一般的です。
ちなみに結婚・出会い系では40歳以上が「中高年」、ハローワークや求人募集などでは、45歳以上を「中高年」としているところが多いようです。

スポンサーリンク

シニア世代とは?

「シニア世代」とは、シニア(senior)という英語から来ていますが、この言葉は日本では1999年~2000年頃から多く使われるようになってきました。

元来は年長者・先輩・上級者などという意味で、特定の年齢層を意味している訳ではありませんが、マーケティングの世界では、通常50歳からを「シニア」としています。
しかし、老人という意味で解釈すれば、65歳前後が「シニア」という事になり、かなり漠然とした言葉になります。

また、シニアの中でも50代~60代の知的好奇心が旺盛で多趣味、元気なシニア層を「アクティブシニア」、または「ニューシニア」などと呼んでいます。

[アクティブシニアとは?]
アクティブシニアとは、50~64歳までの元気で自分なりの価値観を大切にする世代を指す言葉です。
このアクティブシニア層は自分のライフスタイルにこだわり、仕事や趣味に非常に意欲的であり、社会に対してもアクティブな行動を起こす新世代シニアと定義されています。
また、知的好奇心が非常に旺盛で、新しい物にチャレンジする精神を持ち合わせており、従来のシニア層とは一線を画しています。

団塊の世代とは?

「団塊の世代」とは作家の堺屋太一氏が名付けた言葉で、ベビーブームと言われる終戦直後の1947年から1949年にかけて生まれた世代を指します。
「団塊」の意味は「ノジュール」という鉱物用語から来ており、この「ノジュール」とは、堆積岩中の周囲と成分の異なる物質の固まりを指します。

この事から「団塊の世代」とは、「密度が高く、しかも周囲とは異なる特質を持つ一固まりの世代」ととらえられます。
学園紛争に見られるように社会の変革に大きな関心を持ち、ビートルズやローリングストーンズなどの新しいミュージックに触れるなど、それまでとは異なった価値観を形成してきた特異な世代です。
また、団塊の世代の前後に生まれた世代に関しても次のように分類する事があります。

シルバー世代と高齢者

65歳以上になると、シルバー世代と呼ばれたり、高齢者と呼ばれたりします。

スポンサーリンク

シルバー世代とは?

「シルバー世代」のシルバーとは、銀髪(Silver Haired )のイメージから来た言葉ですが、65歳、あるいは70歳からの年齢層を指すとされています。 日本では、シルバー世代は高齢者と同義語として使われる事が多く、国民年金が65歳から支給される事になったため、このように解釈されるようです。

また、このシルバー世代は、人生経験が豊富で、社会的にも最も信頼のおける世代であるというイメージもあるため、自らを「シルバー世代」と言われても不快感をあまり感じない方も多いようです。

高齢者とは?

「高齢者」とは、一般的に65歳以上の人を指します。
これは1956年の国連報告書において、65歳以上の人口比率が7%以上になった場合を「高齢化社会」と定義した事からきているとされています。

高齢者の中でも65歳以上75歳未満が前期高齢者(ヤング・オールド)、75歳以上が後期高齢者(オールド・オールド)として分けられています。

また、2017年1月5日に日本老年学会と日本老年医学会は、高齢者の定義を現在の「65歳以上」から「75歳以上」に見直すべきとの提言を行いました。
現在の高齢者は、10年前に比べ身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断したからで、65~74歳を「准高齢者」、90歳以上を「超高齢者」として分けるべきとしています。

スポンサーリンク

50代からの生活設計

50代からのファッション

50代からの健康管理

50代からの仕事・再就職

50代からの趣味選び

50代からの資産運用

ページのトップへ戻る