50代からの生き方ガイド

50代からの生き方ガイド・イメージ

50歳からの人生をどう生きるか

50歳になってふと立ち止まってみた時、これからどう生きていったらよいかわからなくなってしまい、将来を考えると不安で押しつぶされそうになることがあります。
しかし、冷静に客観的に今後の人生を捉えることができれば、50歳は本当に自分らしい人生を生きるための出発点であることが見えてきます。

50歳は、自分のための人生を生きる出発点

今まで生きてきた50年という人生が、順風満帆であったと言い切れる人は殆どいないかもしれません。
子供時代から学生時代、就職、結婚、出産、子育て・・・。人それぞれ形は違っても、何度も苦境に立たされたり、それを乗り越えたり、不本意な道を選ばざるを得なかったり、感動や喜びに満たされたときもあれば、身近な人との別れに直面して悲嘆に暮れたときもあり、本当に色々な過去を抱えています。

そして、50歳になった今もまた、何らかの人生の重荷を背負い続けています。
しかしそれでもなお、50歳から60歳までの10年間は、60代以降の人生を幸せに生きるための特に重要な時期と捉えるべきです。家族や社会、周囲に振り回された人生から、自分が主役の自分のための人生にシフトして行く時期だからです。
50歳は、過去の人生をそっくり受け止めつつ、新しい人生を創って行くターニングポイントとなります。

変化する家族関係の中で

50歳から60歳の10年間、家族関係は劇的に変化することが予想されます。子供の反抗期に向き合い、へとへとになってしまうこともあれば、進学や就職問題で心配したり、子供が独立して家を出たり、あるいは結婚することもあるかもしれません。

スポンサーリンク

自分の親や配偶者の親が介護が必要な状態になったり、同居問題、別居問題が持ち上がるかもしれません。
仕事上では昇進や栄転、配属があったり、あるいはリストラに直面して転職したり、それが家族関係にも大きな影響を及ぼします。

また、配偶者との死別や離婚問題に直面することもあるかもしれません。
このように、家族関係においては大きな波がやって来る50代ですが、あらかじめ覚悟を決めておき、冷静に判断・対処することにより乗り切ることができます。

50歳からの人生設計・ライフプランを立てよう

50代からの人生をどう生きようか、迷ったり不安でいっぱいになるのを避けるためにも、ライフプランを立てることをおすすめします。

ライフプランとは、「今後の人生の設計図」のようなもので、将来起こるべき事柄や必要経費などをわかりやすく一覧表にしたものです。

55歳、60歳、65歳、70歳、75歳・・・と5歳くらいの間隔で区切り、定年退職する年や子供が卒業する年、住宅ローンの終了年、保険の満期日やリフォーム予定などを書き入れて行きます。また、退職金や年金の受給額なども書き入れて行くことにより、将来の生活費が足りるかどうかを確認することができます。

生活費が不足するようなら、50代のうちに貯蓄をしておき、余裕があれば投資に回すこともできます。
海外移住や田舎暮らしを希望していたり、独立起業を予定している場合は、そのための資金を確保しておきましょう。

社会の変化にも目を向けよう

社会が目まぐるしく変化しています。特に2011年の東日本大震災以降、明らかに人々の意識が大きく変わりました。同時に、色々な社会問題が次々と浮き彫りになって来ました。

大自然の驚異や原発事故の恐怖。環境問題や自然エネルギー問題。世界規模の異常気象と食糧危機。超高齢化社会と広がる格差社会。インフレの懸念。

今後、30年、40年と生きて行く私達にとっていずれも無関心ではいられない問題です。
豊かな60代、70代を迎えるためには、社会の変化にも目を向け、色々なリスクに備えたり変化の波に飲み込まれないように留意する必要があります。

スポンサーリンク

夢の実現に向けて

現代の50代は、30代・40代と変わらず、非常に若々しくアクティブです。50代になってから何か新しいことを始めても決して遅くはありません。今後の人生を豊かで楽しいものにするためにも、ひとつ以上の夢を持ちましょう。

実現不可能に思える大きな夢でも、ささやかな小さな夢でもかまいません。夢には、どんな時もその人を支え、人生を輝かせてくれる不思議な力があります。

三浦雄一郎氏のように80歳でエベレスト登頂にチャレンジすることも可能であるし、ひょっとしたら20年後、30年後は宇宙旅行に行くことも可能になっているかもしれません。

子供の頃からの夢であったフラワーショップや本屋さんを開いてみたり、おしゃれなカフェを開いてみたり、趣味を深めて個展を開いたり、あるいは何らかの資格を取得して独立起業することもできます。

また、毎月温泉めぐりをする、ガーデニングや家庭菜園をする、好きな本を心ゆくまで読む、楽器演奏に挑戦する、週末はカラオケを楽しむなど、夢は身の回りに無数にあると言えます。

50代になって、手探りの状態ながらも、自分が主役の人生を手に入れることができれば、あとは夢に向かって一歩ずつ歩いていくだけと言えます。

50代からの生活設計

50代からのファッション

50代からの健康管理

50代からの仕事・再就職

50代からの趣味選び

50代からの資産運用

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る