50代からの生き方ガイド

50代からの生き方ガイド・イメージ

家庭菜園に挑戦!

50代からの趣味として、家庭菜園に挑戦するのもいいですね。
畑や田んぼのような重労働も必要なく、適度に体を動かしたり、自然と一体となって作業をする事で健康にも良い効果があります。

また、育てる喜びや、収穫の喜びも味わう事ができるので、中高年世代や団塊世代、シニア世代にとっては最適な趣味と言えます。

家庭菜園を始めよう!

スローライフの一環として、家庭菜園を始める人が増えています。

種を蒔いて芽が出て、花が咲き、実をつけるまでは、大変な作業ですが、子供を育てる喜びとどこか通じるところがあります。

また、無心になって土作りをしたり、支柱を立てたり、水やりをしたりという一連の作業は、身体を動かすので健康にも良く、嫌なことを忘れさせるのでストレス解消にもなります。

ただし、紫外線や熱中症、虫刺されなどには、十分に注意して行うようにしましょう。
また、せっかく自分で家庭菜園をやるのであれば、なるべく無農薬で有機肥料による野菜作りがおすすめです。

家庭菜園に必要なもの

家庭菜園を始める前に、まず次のようなものを用意しましょう。

スポンサーリンク

ジョーロ
水をやる時に使用します。
スコップ
穴を掘ったり、耕したりする時に使用します。
移植ゴテ
苗を植える穴を掘ったり、移植したりする時に使用します。
園芸ハサミ
枝を切ったり、野菜類を収穫する時に使用します。
軍手
作業する時、手を保護するために使用します。
長靴
土の上を歩く時に使用します。
帽子
直射日光よけ、暑さよけに使用します。
支柱
野菜の茎を支えるために使用します。
ひも(またはビニールテープ)
野菜を支柱に結びつける時に使用します。
肥料
育てる野菜に合った肥料を用意します。
除草や野菜の収穫時に使用します。

家庭菜園・作り方の基本

家庭菜園の作り方は、育てる野菜により、多少の違いはありますが、基本的には次のような手順で行います。

(1)育てる野菜の苗を選ぶ
初めて家庭菜園に挑戦する場合は、市販の苗を植えたほうが失敗が少ないようです。
ホームセンターなどでも安く購入する事ができます。

初心者にも育てやすい苗には次のようなものがあります。
なす、ピーマン、ミニトマト、ゴーヤ、パセリ、きゅうり、シソ、チンゲンサイ、とうもろこし、インゲン豆、三つ葉、カボチャなど。

(2)苗を選んだら、次に植える場所に移植ゴテかスコップで深さ20~30センチくらいの穴を掘ります。

(3)穴に肥料(元肥)を入れ、土を少しかけます。

(4)育苗ポットから野菜の苗を取り出し、根の部分を穴に植えます。

(5)苗の横に支柱を立てて、苗が倒れないようにヒモで結びます。

(6)苗の根元を中心に水をまいておきます。

(7)苗の成長に伴い、追肥や間引きなどを行います。

(8)支柱を長いものに代えて行き、病害虫対策などを行います。

手軽にできるプランター菜園

庭がなかったり、狭い場合でも、プランターを置く場所さえあれば、野菜作りは簡単に始める事ができます。

収穫した新鮮なものを必要な時にすぐに食卓に出せるというのも、プランター菜園ならではの醍醐味です。

ベランダでのプランター菜園に向いている野菜には次のようなものがあります。
ミニトマト、オクラ、ニラ、パセリ、ハーブ、ネギ、スイートバジル、青ねぎ、紫蘇、ルッコラ、ラディッシュ、ミニチンゲンサイなど。

プランター菜園の作り方

プランター菜園を作るにはまず、次のような物を用意してください。
プランター・土・有機肥料・軽石・ジョウロ・軍手・スコップ

次のような手順で作ります。

(1)プランターの底に鉢底石(軽石)を軽く隙間があくような感じで敷きます。

(2)その上からプランターの深さの3分の1位の深さまで土を入れます。

(3)土の上に肥料を入れます。肥料は有機肥料がおすすめです。

(4)さらにその上に土を入れます。(今度はプランターの深さの7分目位まで)

(5)スコップなどで土を軽く平らにし、水をかければプランター菜園の出来上がりです。

あとは、ここに好みの苗を植えるだけです。
時々、水やりをしたり、必要ならば支柱を立てたりして育てましょう。

スポンサーリンク

※プランターの選び方
実や球根類を育てる場合は深さ30センチ以上のものを、葉物類は深さ15センチ以上のものを選びましょう。

※有機肥料
元肥とよばれるもの。市販品もありますが、生ごみなどを再利用して、自分で作っても良いでしょう。

50代からの生活設計

50代からのファッション

50代からの健康管理

50代からの仕事・再就職

50代からの趣味選び

50代からの資産運用

スポンサーリンク

ページのトップへ戻る